缶ヶ江メグルは進撃の巨人が好き

壁の向こう側に行く

『進撃の巨人』13巻あらすじ エレンとヒストリア、王政に狙われる

f:id:kotoba2kai:20170727044638j:plain

 

第51話 リヴァイ班

調査兵団が壁内に帰還して1週間後、ウォール・ローゼ内の安全が確認された。どうやら今回壁は破壊されていなかったらしい。

その後の調査で驚くべきことがわかった。今回壁内に出現し討伐された巨人の数と、壁内のラガコ村住人数とが一致した。そしてコニーの家にいた巨人はコニーの母親の肖像画と顔がそっくりだった。つまり、巨人の正体は人間…!の可能性が高い。

 

今後の調査兵団のやることは2つに決まった。

エレンの力を使ってウォール・マリアの壁をふさぐこと(ウォール・マリア奪還)と、ヒストリア(クリスタ)の家やウォール教に関係する人物を辿って巨人の秘密をつきとめること。

そのためにリヴァイ班が新しく編成された。104期調査兵団のミカサ、アルミン、ジャン、コニー、サシャもメンバーだ。エレンとヒストリアももちろん入っている。

 

 

 

 

  

第52話 クリスタ・レンズ

しかし、今回の巨人出現事件以来、敵の邪魔も本気度が増してきた。ウォール教ニック司祭が中央憲兵に拷問を受け殺されたのだ。

ニックはウォール・ローゼの南端都市トロスト区、そこの兵舎に身を隠してもらっていたが、そのニックをウォール・シーナの内側の王都管轄、中央憲兵がわざわざ直接手をかけにくるとは、よっぽど壁や巨人の秘密を知られたくないのだろう。それだけ調査兵団も真実に近づきつつあるということだ。

 

 

  

 

第53話 狼煙(のろし)

新リヴァイ班は人里離れた山奥の小屋を拠点にし、巨人エレンの硬質化実験を行った。それができればウォール・マリアをふさぐことができるからだ。

実験の結果、今の巨人エレンには硬質化ができないことがわかった。なので次にやることはヒストリアの生家、レイス家やウォール教について追及することだ。

 

 

同時期にエルヴィン団長は王政召集のため王都に行っていた。エルヴィンから指示を書いた紙が伝令でリヴァイ班に届く。その紙には、トロスト区の有力商業組織、リーブス商会が中央憲兵から命令されてエレンとヒストリアを攫(さら)いに来るから、こうこうこうしろ、と書いてあった。指示の通り拠点を捨てて遠目に小屋を見ていると、夜襲が来て小屋は人に囲まれていた。

 

 

 

  

第54話 反撃の場所

その後リヴァイ班一行はトロスト区の街中へ向かい、ジャンとアルミンにエレン、ヒストリアの変装をさせて囮(おとり)作戦を試みる。

作戦は見事成功し、リーブス商会のアジトをつきとめ、商会のボス、ディモ・リーブスと接触する。リヴァイはディモ・リーブスと交渉し、リーブス商会を調査兵団の仲間にする。

 

そして早速リーブス商会から中央憲兵に、エレンとヒストリアを手に入れたとニセ情報を流す。調査兵団は、確認のためやってきた憲兵二人をエレンとヒストリアのもとへ連れて行く途中、事故に見せかけて拉致することに成功する。