缶ヶ江メグルは進撃の巨人が好き

壁の向こう側に行く

『進撃の巨人』ギャグシーン 5巻 サシャに続くギャグ担当キャラ、ハンジ登場

5巻です!

ハンジが初登場します。調査兵団分隊長、ハンジ・ゾエ。

f:id:kotoba2kai:20171029224555j:plain

右の細身の女性ですね。

 

5巻はほぼ彼女の独壇場です、ギャグシーンに関しては。あとちょっとリヴァイ。

ページ順にいきまーす

 

 

リヴァイ掃除長

リヴァイ兵長といえば、人類最強とか、彼一人で一個旅団並みの戦力があるとかと言われる。壁内人類の希望の象徴の1つ。

たった一人で何体もの巨人を倒してしまう。

 

f:id:kotoba2kai:20171102095115j:plain

f:id:kotoba2kai:20171102095157j:plain

3巻より。2体の巨人をリヴァイ一人で倒すシーン。速い。立体機動装置や刃を使いこなしている。

 

…そんなリヴァイ兵長が、バターンて

f:id:kotoba2kai:20171102100153j:plain

調査兵団本部の掃除に取りかかるリヴァイさん。ただの掃除夫に見える。戦ってる時とのギャップが激しい。

でもとても厳しい。そこはリヴァイそのままだ。エレンの掃除した部屋をチェックして、次の一言

f:id:kotoba2kai:20171102101205j:plain

はい…

 

巨人の実験大好き♡頼れるメガネのお姉さん、ハンジ

熱く実験について語るハンジ

エレンはハンジの巨人実験について知らず、純粋に何をするのか知りたくて訊いた。

f:id:kotoba2kai:20171104022225j:plain

 

それは…

f:id:kotoba2kai:20171104022423j:plain

 

からの、

f:id:kotoba2kai:20171104022511j:plain

フーフー笑

一体何がそんなに滾(たぎ)るのか…ハンジさんは旺盛な知識欲をもっていらっしゃる。

とか、

f:id:kotoba2kai:20171104022720j:plain

明らかに何かヤバい雰囲気、狂気を感じる顔だ。それを感じ取って、エレン以外のメンバーは席を立ちだす

f:id:kotoba2kai:20171104023008j:plain

リヴァイ一番早いw アッカーマン家の血が流れている者には、何をどうすればいいのかが瞬時にわかるらしいしな

 

f:id:kotoba2kai:20171104023856j:plain

進撃の巨人』16巻より

 

そしてハンジはエレンに語り始める…!!

f:id:kotoba2kai:20171104024014j:plain

狂気…狂気を宿した目…!あぁ、エレンもう手遅れだ…

 

あと一個だけ、実験について熱く語るハンジさん

f:id:kotoba2kai:20171105005509j:plain

 エレンがビクッてなってるじゃないか、急に力みながら語り出すのは心臓に悪いよ

 

実験中に巨人に食われかけるハンジ

ハンジが語っているところによると2回あるんだけど、絶対もっと何回もなってると思う。

 

ビーンに食われかけた時

f:id:kotoba2kai:20171105010656j:plain

「うはっ!!」とか「あぶねぇぇ!!」とか、ちょっと楽しんでる節がある

 

ソニーに食われかけた時

f:id:kotoba2kai:20171106030536j:plain

あはははは て。狂気じみてる。

そしていつもハンジの行き過ぎを止めるモブリット。なんかもう定番。「分隊長!!」

 

痛覚の実験

f:id:kotoba2kai:20171107110907j:plain

!!(ハンジ)

アア!!(巨人) 笑

f:id:kotoba2kai:20171107111350j:plain

普通の人の反応。進撃の巨人によくあるシリアス顔w

 

f:id:kotoba2kai:20171107111500j:plain

ハンジを止めるモブリット!「分隊長!!」

叫ばずにいられるか! て。やっぱりハンジさんは楽しんでやっておられる。痛がってるのならやめたげればいいのに

 

f:id:kotoba2kai:20171107112215j:plain

何このアングル笑 マンガ製作側が楽しんでる感がある

 

おまけ ニセ予告

f:id:kotoba2kai:20171107113005j:plain

フッ笑 諌山創さんてちょけるのけっこう好きなんですね。

オットコマエだなぁ、この巨人。せっかく体張ったのに、車が股の間を通り抜けてハンジ轢かれたりして

 

 

今回は以上です!!最後まで読んでくれてありがとうです!!

『進撃の巨人』ギャグシーン 4巻 エレン達の訓練兵時代

来ました!4巻!!

エレン達104期兵の訓練兵時代の話がメインの巻です。急にギャグシーンが増えます。

 

 

 

コニー、「心臓を捧げる」敬礼を左右逆でやる

 

f:id:kotoba2kai:20170924023345j:plain

 

ああ、コニー顔が完全にテンパってるよ。教官に怯えていっぱいいっぱいだよ。

 

f:id:kotoba2kai:20170924023652j:plain

 

コニイイイィィィィ…! 教官、やめてあげて下さい、彼はテンパって間違えただけなんです…

…人って頭つかんで持ち上げられんのかな、実際? 相当キツイぞ。

 

 

 

 

サシャ、芋を盗んできて堂々と食う→教官にしぶしぶ分けてあげる

 

これちょっと長いんですが、23巻でも語り継がれてる伝説のシーンなので、どうぞお付き合いください。

 

f:id:kotoba2kai:20170924163311j:plain

教官、芋を食っている訓練兵を目に止める

サシャ、教官と目が合う(モグモグ…)

教官、「何をしている」とサシャに目で訴える

だがサシャ、教官を無視して芋を食べ続ける

 

f:id:kotoba2kai:20170924163956j:plain

教官、視線で気づいてもらえなかったのでサシャに声をかける

(えっ私のこと?)モグモグ…

ゴクン。

(いや、違う人のことだろう)ムシャリッ  教官再び無視されるw

 

f:id:kotoba2kai:20170924164605j:plain

教官半ギレでサシャに問いただす

!?モグモグモグモグ…(私の番が来たのかっ)…ゴックン

 

f:id:kotoba2kai:20170924164928j:plain

なに真顔でビシッと名乗ってるんだ笑 心臓じゃなくて芋を捧げるのかあんたは

 

f:id:kotoba2kai:20170924165316j:plain

「つい!」じゃねぇよw 自分は悪くなくて、そこに芋があったのが悪かったとでも言いたげな態度

それは…「何故人は芋を食べるのか?」という話でしょうか? …教官とまったく話がかみ合わない

 

f:id:kotoba2kai:20170924165809j:plain

その場に沈黙が流れる。

コニー、よだれ出てんぞ!!お前ぐらいだぞ、今この瞬間「あの芋うまそう…」って思えるの!

そしてミカサは落ち着いてるなー。…寝てるの?

 

f:id:kotoba2kai:20170924170223j:plain

サシャ(どういうこと…?)「あ!」

何かに気付いて、なぜか舌打ちしつつ、芋をひとかたまりちぎる

 

f:id:kotoba2kai:20170924170559j:plain

教官「は…半…分…?」

教官、あなたの反応は正しいですよ。全然半分じゃないですし。でも顔が面白いですねw

そして教官はサシャの方を見る。教官は己の目を疑う…

 

f:id:kotoba2kai:20170924170906j:plain

「なんだ、分けてほしいならそう言えばいいのに。恥ずかしくて言えんかったんかい、しょうがないなあ」って言ってるのかな

 

口の周りに芋の食べかすくっつけながら、あんな顔でため息つかれたら…腹立つー!笑

 

f:id:kotoba2kai:20170924171403j:plain

芋女とあだ名をつけられてしまう。倒れるまで走れと教官に言われる。かわいそうに…

 

以上6ページも割いて描かれている笑 はい、お付き合いどうもありがとうございました。

 

  

 

人との信頼をぬぐうジャン

晩飯どきにジャンがエレンに挑発的にしゃべりかける

「オイオイ正気か? 今お前調査兵団に入るって言ったのか?」

「! あぁ…そうだが… ! お前は確か…憲兵団に入って楽したいんだったっけ?」

f:id:kotoba2kai:20170924180235j:plain

ヤな奴~。

 

f:id:kotoba2kai:20170924180343j:plain

どう生きようと人の勝手。ヤな奴だけど考え方は僕の好みだ。

 

f:id:kotoba2kai:20170924180713j:plain

その時、ジャンの目の前を一人の美しい女性が通り過ぎる…

 

f:id:kotoba2kai:20170924180852j:plain

思わず声をかけてしまった…。でも何を話していいのか…

失礼の無いようにしゃべるので精一杯だ

 

f:id:kotoba2kai:20170924181226j:plain

(いいなぁ、あの子…)ジャンはミカサに一目惚れする

が、しかし…!!

ミカサはさっきの「心底怯えながらも勇敢気取ってやがる奴」のもとへ歩いてゆく

 

f:id:kotoba2kai:20170924181949j:plain

黒髪美人と親しそうに話す勇敢気取り野郎…

 

f:id:kotoba2kai:20170924182156j:plain

勇敢気取り野郎の一言ですんなりと髪を切ると言う黒髪美人…

ズリイイイィィィィ…!

 

f:id:kotoba2kai:20170924182417j:plain

壁外調査から帰ってきた生き残りの兵士みたいな顔w

エレンへの嫉妬心ハンパねぇ…

「何拭ったんだお前…」「人との…信頼だ…」

名言だ笑

 

 

 

ハッ!! これは!? パァン!!

罰として走らされたサシャのその後です。

f:id:kotoba2kai:20170924204007j:plain

皆が晩飯を終えて部屋に戻って行く頃まで、サシャはずうっっっと走っていたw

 

f:id:kotoba2kai:20170924204207j:plain

「おそらく朝には飢えて死んでる…」笑

サシャ、力尽きる。

 

f:id:kotoba2kai:20170924204359j:plain

すると、地面に倒れたサシャに近づいてくる者が…

「スウッ」サシャの鼻は敏感に何かの匂いを感じ取る。

 

f:id:kotoba2kai:20170924204651j:plain

サシャの体は本能的に素早く動き、クリスタから持っているものを奪う…!

そして我に返る。ハッ!! これは!?

 

f:id:kotoba2kai:20170924204958j:plain

パァン!!www

そう、パンだね。クリスタが持ってきてくれたパンと水で、サシャは一命を取りとめました。

パァン!がなんかいいよね

 

 

初歩の姿勢制御訓練がまったくできず、放心状態のエレン

立体機動の初歩の初歩、吊るされたロープを腰の両側に巻き、ひっくり返らないようぶら下がる、姿勢制御訓練。なぜかエレンにはまったくできず、すぐにひっくり返ってしまう。

姿勢制御訓練が初めてあった日の晩のシーン。

f:id:kotoba2kai:20170926030105j:plain

周りのザワザワ声がエレンに刺さる…!

恥ずかしくて死んでしまいたい、もし僕なら

 

f:id:kotoba2kai:20170926030332j:plain

「一体どうやって巨人を皆殺しにするつもりなんだ?」グサーーー!!

かわいそうエレン。でも笑いがこみあげてくる

 

 

ミカサ、サシャをからかう

姿勢制御訓練がまったくできなかったエレンに対し、兵士になるのは諦めたほうがいい、と厳しいもの言いのミカサ。開拓地に戻って生産者として人類を支えるのも立派なことだと。

でもエレンは納得しない

f:id:kotoba2kai:20170927013859j:plain

ミカサはエレンが何を気にしているのか、ハッと気づく…

 

f:id:kotoba2kai:20170927014042j:plain

そう。もしエレンが開拓地戻りになった時は私も一緒に行く。そんなことは心配しなくていいから。

ミカサは時々エレンの考えてることを勘違いする。そこがかわいい。ジャンがエレンを羨ましがるのがわかる。

ミカサの心配をよそに、エレンはアルミンと先に席を立ってしまう

 

f:id:kotoba2kai:20170927014701j:plain

あれ?いつのまにかエレンが座ってた席にサシャが…

ミカサのパンを狙って来たな

 

f:id:kotoba2kai:20170927014850j:plain

あーー…げないっ笑

サシャの最後の顔…www

 

 

ミカサの勘違い

次の日、エレンは姿勢制御訓練に再チャレンジ。ベルトの金具が一部破損していたことが判明し、装備を替えてやると普通にできた!

エレンは教官から適性問題なしと言われる。

f:id:kotoba2kai:20170927021359j:plain

どうだっ!!

 

f:id:kotoba2kai:20170927021524j:plain

エレンはミカサに目でしゃべりかける。

ミカサはエレンからの目ッセージを受け取る

 

f:id:kotoba2kai:20170927022059j:plain

いや、違うのはミカサ、君だ笑

自分より弱いものを慈しむ目をしている…w もしかしたらエレンは潜在的に、ミカサと離れずにすんで良かったと感じているかもしれない。それをミカサは鋭く感じ取ったのかもしれない。

一番左のコマの、アルミン、ライナー、ベルトルトの「え…違くない?」的顔がまたいい

 

 

バカ2人

対人格闘術の訓練中、エレンはアニと話している

f:id:kotoba2kai:20170928014544j:plain

 

アニに言われて周りを見ると、色んな人がいる(次のコマ↓)

 

f:id:kotoba2kai:20170928014845j:plain

フッww

あの2人を組ませたらダメだろう。でもいいね、あんな風に生きていきたい

 

f:id:kotoba2kai:20170928015156j:plain

あー見つかっちゃった… コニイイイィィィィ…

サシャ震えてる笑

 

 

ミカサ、サシャを飼い馴らす

晩飯時、エレンとジャンはいつものように口ゲンカをはじめる。

ジャンをグーで殴ろうとした時、エレンは昼間の対人格闘術訓練でライナーからされた説教を思い出す。

――この訓練所で身につけている力は、自分のためだけじゃなくて、脅威から誰かを守るためにも使う責任があるものだ――

エレンはアニに食らわされた技を見よう見まねでジャンに仕掛ける

f:id:kotoba2kai:20170928113650j:plain

 

エレン「今の技はな、お前がちんたらやってる間に痛い目に遭って学んだ格闘術だ。楽して感情任せに生きるのが現実だって?お前…それでも兵士かよ」

 

f:id:kotoba2kai:20170928113951j:plain

大きな音を聞きつけて、教官がやってきた…怖えぇ

 

f:id:kotoba2kai:20170928114118j:plain

エレンとジャンはサッと席について何事も無かったかのように振る舞う

でもエレンは自己申告しようと手を挙げかける…

 

その時、ミカサがスッと手を挙げた

 

f:id:kotoba2kai:20170928114410j:plain

サシャ、まさか自分に罪が着せられるなんて思っても見なかった…!

教官に怯えきっているww

 

f:id:kotoba2kai:20170928114647j:plain

ミカサのおかげでおとがめを逃れたエレンとジャン

サシャがミカサに「なんで私がやったことにしたんですか!?」とか言ってそう

その様子を心配そうに見るアルミン…

 

f:id:kotoba2kai:20170928115011j:plain

「まあまあ、このパンあげるから」

「えっホントですか!?…やったぁ…」

 

サシャちょろい笑

 

 

アニ、心を開くが拒まれる

次の日の対人格闘術訓練の時、ジャンはエレンに一泡吹かせようと、本気で訓練に取り組んでいた。

エレンはアニに話しかける

f:id:kotoba2kai:20170928120618j:plain

アニ先生は厳しい…

 

f:id:kotoba2kai:20170928120715j:plain

なんか上からな物言いだけど、表情がゆるんでアニが心を開いた…!

 

f:id:kotoba2kai:20170928121038j:plain

まさかエレン断るとは笑

やはりパラディ島のエルディア人は残虐非道な悪魔なのか…アニはそう感じたに違いない。アニのこの顔…やる気だ

 

f:id:kotoba2kai:20170928121451j:plain

やっぱりやったw

きれいに決まってるね、技

 

 

賢いコニー

立体機動訓練の後、エレン達はマルコが指揮役に向いているという話をしていた。

エレン「適役だと思うぞ?そういう効率的な考えとか よく気が回る所とか…。オレならお前が指揮する班に入りたいね」

サシャ「私もマルコの班がいいです。生き残れそうな気がします」

マルコ「そ…そうかな…」

f:id:kotoba2kai:20170928123440j:plain

出た!ジャンの挑発

 

f:id:kotoba2kai:20170928123602j:plain

おっと、今回はエレンとジャンはヒートアップしなさそう

コニーに注目。どうした、コニー!!

 

f:id:kotoba2kai:20170928123800j:plain

正しいぞコニー!「死に急ぎ野郎」なんて名前の奴はいない!!

そこを冷静にジャンに指摘する君は、スマートに見えるぞ!

なのに、かわいそうに、ジャンに「黙ってろ」と一蹴される笑

 

 

 

以上、『進撃の巨人』4巻のギャグシーンでした!読んでくれてありがとうございます!!

 

 

『進撃の巨人』ギャグシーン 3巻 サシャ、ギャグキャラのフラグ

3巻も引き続きシリアスな展開です。

少ないですが、2つあります。ではいってみよう。

 

●サシャ仮病

 

f:id:kotoba2kai:20170924014414j:plain

 

訓練兵仲間のダズが、巨人に食われるくらいならと自決しようとするシーン。

それをマルコが必死に止めようとする。

「サシャを見ろ!!あんな目に遭ってもなお気高き兵士のままだ!」

 

で、次のコマ

f:id:kotoba2kai:20170924014740j:plain

 

「ぐああああ」www

ダズの、サシャを見る顔もなんか笑えてきてしまう。

巨人に食われるかどうかの瀬戸際なのに、笑えるなんていうのも不謹慎ですけども…ここはおもしろい。

 

 

●ニセ次巻予告 怒涛の料理バトル編

 

2つめです。『進撃の巨人』単行本では、次巻予告の前にニセ次巻予告がある時が多いです。

 

f:id:kotoba2kai:20170924020146j:plain

 

サシャはギャグ担当キャラみたいw

「こうなったら…盗むしかない…!!」って、あんたいつも盗んでるだろ笑 肉とか芋とか。逆に盗みを働いていないサシャを見てみたい。